痩せるメカニズムを理解する

どうすれば体が痩せるのか理解しておくと、
トレーナーの話もより分かるようになります。

“筋トレは何のためにやるのか?”
“糖質制限は何のためにやるのか?”

この事をしっかりと理解しているとトレーニングの質も向上するので、
しっかり覚えておきましょう。


痩せる為に必要なこと

まず基本は筋力トレーニングです。
筋トレの目的は筋量を増やして基礎代謝を上げることです。


続いて「なぜ基礎代謝を上げるのか?」ですが、
基礎代謝とは何もしなくても消費するカロリーです。

Aさんの基礎代謝が1500キロカロリー。
Bさんの基礎代謝は1200キロカロリー。
1日に1500キロカロリー摂取したと仮定します。

Aさんは運動をしなくても摂取カロリーを全て消費します。
対してBさんは300キロカロリー消費し切れずに体に蓄積されます。
この余分な摂取カロリーを消費するには運動をするか、
摂取カロリーを基礎代謝以下に抑える必要があります。

まったく同じ食事をしても基礎代謝の違いで、
一方は体型は変わらず、もう一方は太ってしまうのです。

この事から基礎代謝を上げれば太りづらい体になる事が分かります。


続いて普段の食生活についてですが、
消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと太るのは当たり前ですので、
暴飲暴食やジャンクフードばかり食べていると痩せることは出来ません。

普段の食生活に問題がある場合はまずはクリーンな食事を心掛けましょう。
これは食生活を正しただけで食事制限ではないので注意して下さい。

クリーンな食事をする事は極々当たり前で普通の事です。
暴飲暴食を繰り返したり、ジャンクフードばかり食べているのが異常なのです。
食事を見直すだけで摂取カロリーが減り、ある程度体重が落ちます。


最後に食事制限についてですが、
ダイエット中の食事は低糖質・低カロリー・高たんぱく質を心掛けます。

体は糖質を先にエネルギーとして使うので、
糖質が使われている間は脂肪が燃焼しません。

そこで糖質の摂取を制限することで、使われていない筋肉や脂肪が分解され
エネルギーとして使われるようになります。

脂肪だけを落とすダイエットは基本的にありえません。
脂肪と一緒に筋肉量も落ちてしまいます。

ですが、極力筋肉量を落とさないようにするために、
筋トレと筋肉への栄養としてたんぱく質が必要になります。
たんぱく質を摂取する際、脂肪はなるべく摂らないようにします。

まとめ

簡単にまとめると以下になります。

なぜ筋トレ? → 基礎代謝を上げる為に必要
基礎代謝を上げる意味 → 太りづらい体を作るため
糖質制限の意味 → 脂肪を燃焼させるため
高たんぱく質 → 筋肥大へ必要な栄養
低カロリー → 摂取カロリーを抑えるため


コメントは受け付けていません。